医者いらずを目指すなら1日1粒の梅を食べる習慣を

お弁当の真ん中に入っていたり、お茶請けにささやかに添えられていたりする梅は、昔から日本人が愛してきた食材です。
病気になったら医者にかかりますが、そもそも病気にならない食生活が大事であり、梅は1日に1粒食べることで、医者いらずと言われるほどの力があります。
年齢を重ねて足や腰がこれまでよりも、弱くなってきたと感じるときにも、すぐに病因でお薬をもらうのではなく、梅を食べてみることです。
たっぷりのクエン酸を含むのが梅ですから、食事からのカルシウム吸収を良いものとしてくれます。
食事やおやつには、小魚や小エビなどをつまみ、カルシウム食材を食べて、一緒に梅も食べるようにすることです。
牛乳はカルシウム豊富といわれてきましたが、逆に骨のカルシウムを失う要因となるので、カルシウムは小魚などで摂取をします。
食欲があまりない時にも、クエン酸たっぷりの梅を食べることで、唾液が増えて食事を美味しく食べることができるので、夏などは特に大活躍です。

接骨院 鈴鹿市

小児脳性麻痺 マッサージ

予約システム

最新投稿