医者いらずを目指すなら1日1粒の梅を食べる習慣を

お弁当の真ん中に入っていたり、お茶請けにささやかに添えられていたりする梅は、昔から日本人が愛してきた食材です。
病気になったら医者にかかりますが、そもそも病気にならない食生活が大事であり、梅は1日に1粒食べることで、医者いらずと言われるほどの力があります。
年齢を重ねて足や腰がこれまでよりも、弱くなってきたと感じるときにも、すぐに病因でお薬をもらうのではなく、梅を食べてみることです。
たっぷりのクエン酸を含むのが梅ですから、食事からのカルシウム吸収を良いものとしてくれます。
食事やおやつには、小魚や小エビなどをつまみ、カルシウム食材を食べて、一緒に梅も食べるようにすることです。
牛乳はカルシウム豊富といわれてきましたが、逆に骨のカルシウムを失う要因となるので、カルシウムは小魚などで摂取をします。
食欲があまりない時にも、クエン酸たっぷりの梅を食べることで、唾液が増えて食事を美味しく食べることができるので、夏などは特に大活躍です。

大阪市の駅近皮膚科 坂本クリニック

患者様のお身体の痛みを根本から治す特殊な治療技術
筋肉をほぐすだけでは解決しない脳や神経の症状まで診断可能なので、他院で解決できなかった方もぜひお越しください

スゴい治療器を使った治療ですぐに良くなる富士市の整骨院
1~2回の治療で身体の痛みが治る、エレサスという器具を用いて施術いたしますので、身体の痛みでお悩みならぜひお越しください。

日曜や祝日も診療しております
お仕事の方でも安心して受診していただけます。

痛くない麻酔治療での施術が受けられる市原市の歯科クリニック
痛みに対する不安や恐怖心の強い患者さまも、安心してお越しください。

最新投稿